ミスを減らすために導入したい最新レジ~POSレジと自動釣銭機~

低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう 低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう

教育と最新レジの導入で精算ミスを減らす

精算ミスをなくすための1つの方法として、レジの導入があります。ここでは、精算ミスを防ぐためのレジの機能について説明します。

精算ミスを防ぐ心得

お客様からお金を受け取る時は、お札や金貨が重なっていないか確認しましょう。お札や金貨が重なり、余分に受け取ることを防げます。また、受け取った金額を間違えないためにも、お釣りを渡すまではトレーの上でお金を預かっておくと安心です。数千円のお釣りを渡す際は、お札の数え間違えが起きやすいので、気をつけましょう。ミスを減らす方法としては、まず、レジからお金を出す際に枚数を数えます。さらに、手元で数え直したら、お客様と一緒に確認して数えます。このように3回チェックすれば、精算ミスを大幅に減らせるでしょう。

レジの機能を活用する

人間がやることですから、確認をしっかりしていても、精算ミスは少なからず起きてしまいます。ミスをなくすためにも、レジの機能を有効活用しましょう。

POSレジ
POSレジを導入すれば、レジの使用ログが残るので、いつ誰が会計作業をしたのかが明確になります。そのため従業員は、従業員は不正をしなくなりますし、万が一したとしても犯人はすぐにわかります。また、商品の金額を設置できるので、金額の打ち間違いを防げます。従業員が複数いる場合は、情報共有が十分にできていなくてミスしがちですが、この機能があればミスを減らせるのです。
自動釣銭機
レジの精算ミスでよく起きるのが、打ち間違いです。従業員にしっかり操作を覚えてもらうことも大切ですが、ボタンの配置がわかりづらくミスが起きやすくなることもあります。自動釣銭機を使用すれば、受け取ったお金を入れるだけで、自動的に正確なお釣りが出てきます。

精算ミスを減らすために

従業員への教育を徹底的に行なえば、大きなミスを防げます。さらに高機能なレジを導入して、小さなミスも防止するようにしましょう。

TOPボタン