従業員とお客様に防犯カメラ設置の理解を得る方法

低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう 低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう

抵抗がある人も多い防犯カメラ設置~理解を得るために~

防犯カメラ設置すると、従業員やお客様から苦情が来る可能性もあります。双方の理解を得るための方法について見てみましょう。

防犯カメラ設置の理解を得る

飲食店で防犯カメラ設置をするなら、従業員とお客さんの理解を得なければなりません。どのようにして理解を得れば良いのでしょうか。

従業員に理解されるにはどうしたらいいですか?
防犯カメラ設置する理由を明確にすれば、従業員に理解されやすくなります。「おつりを渡す時に金額を間違っていないか、不正行為をしていないか、などを調べるため」など設置する理由をマニュアルにすると良いです。従業員側から、安全を確保するために導入して良かったというという声が出ているケースもあるので、しっかり説明をすれば理解してもらえるでしょう。
お客様から苦情がこないようにする方法はありますか?
飲食店の場合、お客様のプライバシーを映す可能性が高いので、撮影区域をはっきりさせることが大切です。必要な場所だけ映すようにすれば、お客様のプライバシーを守りながら、効果的に防犯カメラ設置ができます。また、防犯カメラが作動しているのを明示するのも1つの方法です。明示しておけば、「知らない内に撮影されていた」「隠し撮りだ」などの苦情を防ぐことができます。

監視以外でも役立ちます

作業員と防犯カメラ

防犯カメラ設置をすれば、犯罪抑止や監視以外にも、お客様の入り状況の確認ができるという利点もあります。従業員の人数とお客様の多さが適合しているかどうか、何時に込みやすいかまたは何時に空きやすいか、などがわかります。このように監視以外にも役立てられるので、利点をしっかり伝えれば従業員も納得してくれるでしょう。

TOPボタン