内部犯罪も外部犯罪も抑止できるのが防犯カメラ設置の効果

低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう 低画質のカメラは冤罪を招く危険性!高画質の防犯カメラを設置しよう

防犯カメラ設置の抑止力~様々な効果があります~

防犯カメラと言えば、犯罪の証拠を掴むために使用するという印象が強いですが、犯罪の抑止としても効果があります。

抑止力になる対象とは

防犯カメラ設置は、外部からの犯罪抑止だけではなく、内部犯罪の抑止にもなります。

外部からの犯行にも効果的
店内の中に防犯カメラ設置をすることで、犯罪者をひるませる効果があります。犯罪者は、自分の姿が撮影されるような場所は選びません。証拠が残ることを怖がり、犯行を思いとどまるのです。実際に、ターゲットにしていたお店で、いくつも防犯カメラ設置されていたら、犯行に至らない確率も高まります。そのため外部からの犯行にも、防犯カメラは効果的と言えます。
内部犯罪も防げます
防犯カメラは、外部からの犯行だけではなく、内部犯罪の防止にもつながります。従業員が常に見られているという意識を持つことで、レジの売上金を盗もうという考えがなくなるのです。万が一、内部犯罪が起きたとしても、防犯カメラで映していた映像を証拠として警察に渡せます。「自分のお店は大丈夫」と思っている経営者も多いですが、従業員を信頼していても内部犯罪が行なわるケースはあります。疑いを晴らすためにも、高画質の防犯カメラ設置をしたほうが良いです。
従業員の気も引き締まります
防犯カメラは、従業員の監視としても活用できます。監視をすることで、従業員の気が引き締まり、サボりやミスを減らせるのです。監視というのはあまりやりたくないことですが、精算ミスを起こさないためにも重要と言えるでしょう。

犯罪やミスを未然に防ぐ

防犯カメラには犯罪やサボりの抑止力があるため、犯罪が起きた時だけではなく、未然に防ぐ目的としても活用できます。

TOPボタン